ウェルズ新木場 ホームに戻る ホームに戻る サイトマップ お問い合わせ

Archives for 就業・生活支援センター

WEL’S TOKYO連携連絡会開催致しました!

いつも当法人の活動を支えて下さり有難うございます、ジョブコーチの柏です。

本日は先日開催させて頂いた平成26年度第3回WEL’STOKYO連携連絡会の報告をさせて頂きます。

今回は企業のご担当者様、地域の支援機関の皆様、公的機関のご担当者様など幅広い皆様にお集まり頂き、開催させて頂きました。

 

まずはセンター長より今年度の事業報告です。

DSCF3928

 

その後本日のご講演です。

テーマは『今後の障害者雇用を考える-合理的配慮-』

文京学院大学から松為教授にお越し頂き、平成28年の施行前に合理的配慮の基本的な考え方や具体的な内容に関するお話を頂戴致しました。

DSCF3930

 

“合理的配慮”と言葉は聞いたことがあっても実際どこまで配慮すべきなのか?等を学習する機会も多くないため、非常に勉強となりました。

対象者からの申し出があったとき、窓口を設けて話し合いの機会を提供できるか、過重な負担とならない範囲で外部機関とも連携しつつ配慮が具体化されるかなど、どの立場からも知っておくべき貴重なお話を頂戴できました。

 

外部機関として就業・生活支援センターやジョブコーチの役割も期待されているので、できることを明確にし、各機関と連携させて頂きながら次年度も取り組みを進めて参りたいとさらに身が引き締まりました。

 

ご講演後は各グループでの討議の上、発表して頂きました。

DSCF3935

 

今年度も皆様の様々なご意見やアイディアを頂戴でき、有意義な情報交換の場がもてた連携連絡会となりました。

皆様本当に有難うございます。今後とも何卒宜しくお願い致します。

 

就業・生活支援センターWEL`STOKYO第3回連絡会開催しました。

みなさん。こんにちは!

今日は年度最後のナカポツ連絡会議でした。

松雪支援員のテンポ良い司会に参加された企業の方も討議内容はかなりシビアですが終始笑顔。

うらやましい。その笑顔。JC担当時代には企業からご指名が多かったことに納得です。

平成25年度は大きく障害者雇用の流れが変わった!ということが登録者情報からもわかります。

本日現在の登録者数321名。今年の登録者の約半数は、精神保健手帳をお持ちの方でした。

沢山のご意見を賜り、、WEL`STOKYOは、来年度の重点取組として次の2つを軸に展開をします。

①企業内での定着を図るための従業員研修の充実。(障がいのある方と指導スタッフ向け)

→現在の合同研修、スピーチ研修をはじめ交換研修などの案が出されました。

②新たな労働市場への対応。医療との連携方法の確立。(雇い入れから定着)

→精神保健手帳をお持ちの方の受け入れのための体制整備、医療機関を活用した環境調整等の方法を協働で

模索していきます。

5つの議題をてきぱきと。あっという間の2時間でした。

東北の宮沢偉大な詩人宮沢賢治は、こういいました。「自分だけ幸せになる幸せの世界はない。」

私たちの東京の小さなセンターにご協力いただく企業とともに、それぞれが少しずつ出来ることのおすそ分けをしながら前進しようと確かめ合えました。1394525462465

 

 

春田理事長講演会、東京TMG大成功でした◎

大変御無沙汰しております、ジョブコーチの柏です。

先日当法人HPでも周知させて頂きました春田理事長の講演会、ならびに就労移行支援タウンミーティング番外編が2月7日無事終了致しました!

御登壇下さった皆様ありがとうございました!

 

タウンミーティングでは大盛況だった昨年の番外編ということで、テーマ通り“もう一度、東京の就労支援を考える”きっかけとなったかと思います。

 

就労支援に関わらせて頂いている中で、支援が日常となり、疑問に向き合う時間が限られているように感じた為、第一線で活躍なされていている先輩方から学ぶ機会をこれからも大切にして参りたいと思いました!

 

今年度も残り少なくなりましたが、ひとつずつ、確実につなげていきたいですね!(^^)!

協力企業連絡会議開催しました!

こんにちは! あまりにも久々のブログアップです。 なかぽつは、コツコツとひたひたとお仕事をしています。 東京の東の地域8区を3.5人でカバーをしていますので、無い知恵を絞らないととてもとても労働市場の課題に対応できません。 何しろ、城東8区障害者人口110万人。(*ナカポツの配置イメージは、保健福祉圏域人口30万から50万と言われています(・_・;)) そこで、昨年から「企業の雇用力向上のお手伝いをすれば、定着支援は減るのではないか」と仮説を立て活動してみました。 テーマは「企業内でのキャリア形成をめざした人財育成を協働する」 具体的には、ご担当者への研修提供や障害を配慮したコミュニケーション研修を業務時間内に他社合同で行うというものです。 平成24年度の定着支援、、、。100件近く減りました! 今年も楽しみです!

なかぽつからのごあいさつ(*^_^*)

就業・生活支援センター 通称「なかぽつ」です。久しぶりの投稿です!!

今年度は、4名の体制でスタートを切ってます。就業担当が2名と生活担当が1.5名(?)。

現在210名のご登録者の皆様がいらっしゃいます。昨年度から移行支援事業も始まりました。

法人全体で、「相談→アセスメント→トレーニング→アセスメント→就職」を取り組んで行こうと頑張ってます!!

この数年、利用者(障がいのある方、企業、支援者)からのご相談は、多様化、、複雑化しています。

法人のマンパワーと知識だけでは、追いつけない、、、。そこで「強力な協力員」\(^o^)/のご登場です!!

先週の土曜日に第1回目の打ち合わせ会議を行いました。メンバーは、10名ほど。

みなさまの経歴は、企業人事担当者、産業カウンセラー、社労士、税理士、一級建築士、キャリアカウンセラーなどなど。

産業労働のエキスパートのみなさんです!!これから、いろんな場面で活躍していただけると思います。

楽しみです\(^o^)/。

なかぽつ 堀江

ネットワーク構築事業@板橋特別支援学校

ご無沙汰しております、スタッフの柏です。

本日は12/10に開催させて頂いたネットワーク構築事業の様子をアップさせて頂きます!

今年のテーマは「犯罪から身を守る」

就労支援の仕事をさせて頂いている立場ですが、近年は障がいのある方々が犯罪に巻き込まれるケースが増えています。関わらせて頂く対象者の方を多方面からサポート出来るように、正しい知識を得る機会でした。

まずは、社会保険労務士の宮沢先生によるセミナー「社会保障制度と就労支援」

労働基準法の抑えておきたいポイントから障がい者虐待防止法まで、ケースワークを交えながらわかりやすく教えて頂きました。

DSCF6687

次にCAP(Child Assault Prevention)さんによる大人のためのワークショップ

多くは学校授業内等で子ども向けに活動されている為、本日はセミナーにご参加頂いたみなさんとクラスメートという設定で(笑)、さまざまな種類の暴力から身を守る方法を参加体験型プログラムとして学習させて頂きました。

DSCF6715

講師としてご担当下さった先生方、お世話になった板橋特別支援学校の皆様、そして当日寒い中ご参加頂いた方々にはこの場を借りて御礼申し上げたいと思います。
お忙しい中、ありがとうございました!

回収させて頂いたアンケートには、よりたくさんの方に広めて欲しいとのご意見も頂きました。

今後も正しい知識やケースを共有しながら、社会資源を活用し、より質の高い支援が出来るよう学ぶ機会に携われればと感じました。

2011年も残りわずか!

体調に気をつけて駆け抜けましょう!

【TOKYO生活日誌7】

 しんしんとしんみり帰り道

つぶやき・・・・                      ひんやりと頭をひやして明日がんばる。

 ☆近頃の主なうごき・・・なんとも      アバウトですね。(スミマセンデス)

 職場訪問・家族支援を中心とした 定着支援。

定着支援の対象は、利用者の方、企業。そして忘れてはならないのがご家族。

単身の方も大勢いらっしゃいますが、家族がいる場合ご家族のケアも大切です。

先日、高次脳障害の男性と職業センターに伺いました。

記憶を徐々に取り戻してきて、自分が

なぜ会社を首になるのかようやく見えてきたとおっしゃいました。

今、がんばれるのは周りの人のおかげとも。不覚、、、ほりえ涙;。

そして、奥さんを楽にしてやりたい。どの質問の答えのおしまいには、そのように答えていらっしゃいました。

・・・・べつの方。2ヶ月の試用期間のうち1ヶ月が経過。突然の配置換え。

配置換えはあるかもしれません。でも、あまりにも障害特から考えると理不尽。なんとかふんばって!!

奥様とお話しました。「またかあ~って感じです。」

クリスマス、お正月、、、久しぶりに訪れた平穏なごく普通の日常がまた消えようとして

いることへの脱力感。

強くなりたい、力が欲しいと痛感するできごと。

障害があることが不幸なことではないと現実的に実現したいこのごろです。

ほりえ

【TOKYO生活日誌6】

【本日の主な動き】

雇用契約の立会い。定着訪問

「夜明けの来ない夜はない。」「冬は必ず春となる。。。」私の好きなことば。

本日のメインのお仕事は、当センターの新人スタッフが訓練からサポートをしてきたIさんの雇用契約の立会いでした。

心に嵐が吹こうとも、、、今日も日が暮れる。

心に嵐が吹こうとも、、、今日も日が暮れる。

私たち支援者は、利用者さんの人生のほんの一部しか知りません。
私たちが思うよりもずっと、ずっと
苦しかったに違いないということは
想像できます。でも、あくまでもそれは、想像。
就職した今も不安はいっぱいだと思いますし、そうおっしゃいます。
そんなときには、寝ちゃいましょう。
今日は負けても明日勝てばいいのです。
負けるが勝ち!!私の恩師の言葉です。負けたときにこそ、心を折らず、明日への一歩が勝因だ。
そんな気分で夕日を眺めて写真をパチリ!!。
さあ~明日も入社式、あさっては実習。げんばります!。
ほりえ

【TOKYO生活日誌5】

みなさま 

新年あけましておめでとうございます。お正月です。「大入り袋付き門松発見!!」               

←♥大入り袋付き門松を発見!!

 厳しい経済状況下ではありますが、お蔭さまでセンターから就職した方の離職はありません。今年も「大入り!!」で、障害のある方企業双方のみなさんがハッピーな就職の実現をお手伝いしたいです。

【本日の主なうごき】

・復職にともなう転居について。相談連絡。

・職場実習の連絡、支援調整など。

本年もどうぞよろしくお願いします。

ほりえ

 

 

 

「TOKYO生活日誌4」

【本日の生活日誌】

主なうごき:面接同行、職場定着訪問、就職相談、職場復帰に向けてのご相談などなど

あっという間に、クリスマスです。街はイルミネーション花盛り。

げんばる私たちは、季節感もないままクリスマスです。

昨夜は、正午から夜8時過ぎまでお勤めをしているTさんの支援をしてくれているジョブコーチさんを就業後訪問しました。目的は、今後の支援計画についてと他社の支援スケジュールについての調整です。日中時間がとれず、この時間しか互いに空きがなく、、、。しかし、クリスマスイブに打ち合わせをしているのは、レストランの中でもおそらく私たち女2人だけのようでした。

打ち合わせ、食事も終わり、デザートタイム。

就労支援者の人間観察魂にいつの間にやら点火

ほんのすこっし、ほっと。キャンドル。

ほんのすこっし、ほっと。キャンドル。

いいわけばかり、、だまされてはいけないそこの彼女。離席、、、。正解。

あのカップルはおそらくこのあとこのような行動をするであろう。ビンタ、、、。正解。

なつかしのバブル期ファッションカップル別れ際振り向いて、握手!!・・・・正解。

このカップル別れ際互いに振り向かず涙をぬぐう、、、正解。

ふ~っ。今日のトレーニング終了。

さて、今夜は、法人のたのしいクリスマス会!!メリークリスマス!!!

読者のみなさまにも、メリークリスマス!!

ほりえ