ウェルズ新木場 ホームに戻る ホームに戻る サイトマップ お問い合わせ

Archives for 企業内授産事業(あだちファクトリー)

大塚製薬様による「熱中症講座」

だんだんと暑さが厳しくなってきている今日この頃・・・

ふらっとでは、これからの猛暑を万全な体制で迎え撃つべく、大塚製薬様(ポカリスウェットでおなじみですね( *´艸`))に6月13日にふらっとにて「熱中症講座」を開いていただきました!

DSCF7371

 

図などを用いて年々厳しくなる暑さ、熱中症になるメカニズム、対策をわかりやすく教えて

☜下さる寺内様・古澤様。

DSCF7375

 

 

 

 

 

 

メモを取ったり、質問もドシドシ出てくる利用者の皆様( ..)φメモメモ☞

過酷な夏を迎え撃つ気迫で燃えています。頼もしい!(^^)!限りです。

 

 

 

 

 

 

 

熱中症対策には、水分補給だけでなく塩分も補給すること、食事の栄養バランス、睡眠時間も大切なことを学ぶことができました。

職員も一同、今回の講座を活かして利用者様の安全を守りながら、作業をしていけるように

サポートしていきたいと思います。

大塚製薬様、貴重な講座をありがとうございました。

 

             

       

卒業の季節ですね・・・

皆様、いつもお世話になっております。

そして初めまして。

ご挨拶が遅くなりましたが昨年9月より支援者の一員となりました

興野 裕(きょうの ゆたか)26歳 男

と申します。今後ともよろしくお願いいたします。

こちらですでに半年間を過ごしたわけではありますが、楽しいことがたくさんあります。

しかしながら、最も悲しいイベントを迎えてしまいました・・・

 

 

支援者の・・・

 

 

 

木原大輔さんが・・・

 

 

このWEL’S新木場を卒業してしまいました・・・

大学生でありながらも職員を驚かせるような意見や支援方法で腕を振るわれたため、非常に残念ではありますが彼の新しい門出を職員全員で祈っております。

木原さんよりコメントをいただきました。以下、抜粋となります。

 

2014年3月14日を持ちまして、WEL’S新木場を退社します、木原大輔です。

 

私は、株式会社大谷清運様より委託させて頂いている、企業内授産施設
〜 あだちファクトリー 〜
にて大学4年の一年間、支援者と言う立場で勤務をさせて頂きました。

 

あだちファクトリーでは、知的障害、精神障害の利用者と共に資源の分別等のリサイクル業務を行っています。
就職に向けた訓練の場ではあるものの、企業様の一部所にて作業を行うため、実際の雇用現場に近い環境で訓練を積むことができることが大きな特徴です。
あだちファクトリーでは作業量、作業種類ともに豊富な為、利用者は様々な業務を訓練の段階で挑戦することができます。また、支援者側としても、訓練の段階でより多くのアセスメントを取ることができる為、利用者一人一人の就労イメージを具体的に描くことができます。

 

大学4年生の段階で支援者を経験させてもらった日々は毎日、毎日が発見の連続でした。
利用者に対しての最善の支援は?
利用者の行動の裏には何が隠れてるのか??
環境をもっともっと良くすることはできないだろうか???
就労支援者として私に足りないものは????
様々なことを考えに考えました。

 

また、支援者としての力不足さを痛感した日々でもあります。
そんな時、真剣に向き合ってくれたのが、WEL’S新木場の職員の皆さんです。
一大学生の立場にも関わらず、全ての先輩職員と真剣に対等に議論をさせてもらった日々は私の強みです。

 

環境を、出会いを、知識を、経験を、与えてもらったWEL’S新木場に所属できたことを誇りに思います。

 

4月からは別の環境で障害者就労支援を仕事にして行きます。
就労支援と言う手段を用いて…
「社会を変える当事者になる。」
これが私のモットーです!!
掲げる目標が大きいだけに、消化しなければならない課題は山ほどあります。
そして、私自身が支援者として成長を続けなければなりません。

 

日本理化学工業、会長の大山泰弘さんは人間の究極の幸せを
人に愛されること。
人にほめられること。
人の役に立つこと。
人から必要とされること。
「働く」ことにより、これらの幸せを手に入れることができる。
と仰っていました。

 

「働くための支援を行う。」
とてもとても…重く、責任感を背負う仕事でもありますが、それだけにやりがいや使命感を得ることができる仕事でもあるかと思います。

 

私自身まだまだ未熟で、社会を知らない若僧ですが、新人らしくフレッシュに!謙虚に!貪欲に!進んでいきます。

 

WEL’S新木場での一年間は、私の今後の人生の土台になっていくに、違いありません。
利用者の皆様、ご家族の皆様、関係機関の皆様、大谷清運の皆様、WEL’S新木場の職員の皆さん、本当にありがとうございました。
これからは、一社会人として飛躍し成長した姿を見てもらえるように頑張ります。

 

WEL’S新木場、大好きです!!!!

 

2014年3月14日  木原大輔

 

どうですか皆様。本当に大学生なのだろうかという大人なコメント。

感動です。そして彼の今後の活躍を皆様で応援していただければと思います。

 

さて!

別れがあれば出会いもありますね。

我々WEL’S新木場 移行支援事業部では共に腕を振るっていただける仲間を募集しております!

主な職務内容は企業内授産施設あだちファクトリーでの障がい者の支援、作業(ペットボトル、缶等、再活用のできる資源の分別作業)となります(夏は痩せますよー。)。他にも就労準備センターわだちでのビジネススキルの支援も行っていただく予定です。

興味がある方はぜひ、最寄りのハローワーク様へと足を運んでいただければと思います!

 

話は変わりまして、本日3/20はフォローアップの会ですね。皆様体調はいかがでしょうか?

今回はカラオケパーティーとなります。パーティーですよパーティー。

飲(呑)んで、食べて、歌って、日ごろの悩みや不安を解消していただければ私共もうれしく思います。

もちろん私興野も参加いたします(なんだか今朝から体調が悪いですが)

足下がよくないので皆様気を付けてお越しくださいませ。

一人でも多くの方にお会いできることを楽しみにしております!

長々となりましたがお読みいただきましてありがとうございました。

それではまた!

画像+002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※こちらは木原さんの送別会になりますがもはや誰がメインかわかりません。

なかぽつからのごあいさつ(*^_^*)

就業・生活支援センター 通称「なかぽつ」です。久しぶりの投稿です!!

今年度は、4名の体制でスタートを切ってます。就業担当が2名と生活担当が1.5名(?)。

現在210名のご登録者の皆様がいらっしゃいます。昨年度から移行支援事業も始まりました。

法人全体で、「相談→アセスメント→トレーニング→アセスメント→就職」を取り組んで行こうと頑張ってます!!

この数年、利用者(障がいのある方、企業、支援者)からのご相談は、多様化、、複雑化しています。

法人のマンパワーと知識だけでは、追いつけない、、、。そこで「強力な協力員」\(^o^)/のご登場です!!

先週の土曜日に第1回目の打ち合わせ会議を行いました。メンバーは、10名ほど。

みなさまの経歴は、企業人事担当者、産業カウンセラー、社労士、税理士、一級建築士、キャリアカウンセラーなどなど。

産業労働のエキスパートのみなさんです!!これから、いろんな場面で活躍していただけると思います。

楽しみです\(^o^)/。

なかぽつ 堀江

初めまして(*^_^*)

2月より採用していただいた垣内亜耶と申します!!採用していただき1か月が経とうとしてます。頼もしい利用者さんや優しく面白いスタッフに囲まれ日々の仕事に携われ、幸せいっぱいです!(^^)!これから業務に慣れながら皆様に貢献していけたらいいなと思っておりますのでどうぞよろしくお願い致します。簡単に自己紹介をさせていただきます。名前と姿は女性ですが・・・性格は男性張りにさばさばとしています。チャームポイントは、笑顔(#^.^#)です。あだちファクトリーにいますので気軽に話かけてください。

2011年 ジョブコーチ!? 新米eyes日誌 Vol.13

大変ご無沙汰しております。

上田です。

 

このタイトルでブログを綴るのはどのくらいぶりでしょうか?

ブログを読み返すと…

なんと、

 

5か月ぶりでした……汗

 

いつまで新人なんだよ!

 

って思われる方もいらっしゃると思いますが、

まだまだ新人なのでございます。

企業内授産施設あだちファクトリーで迎えた2度目の夏!!

一年前に比べて顔はやつれ!?足腰はガクガク!?

ですが、まだまだ、まだまだなのです。

 

何がまだまだなのかと申しますと、

 

利用者の方に伝えたいことを上手く伝えることが出来ない。

 

反対に利用者の方の気持ちを真に理解してあげられない。

 

理解したつもりでいた。

 

など、

 

随分前にブログで綴らせて頂いたことと悩みどころは一緒であり、

先輩スタッフの言動一つ一つに関心させられっぱなしの毎日を

送っている次第なのです。

 

ただし!

 

最近になってようやくちょっぴり分かりかけていることがあります。

 

それは…

 

ペットボトルを容器に投げ入れる際の手首の角度!!

 

 

この仕事には答えが無いということです。

 

先輩スタッフの真似をして利用者さんと接しても返ってくるリアクションは

予想外の言葉や行動ばかり、

つまるところ、経験や知識があってもこういう場面ではコレ!だ!

っていう確実だったり絶対なものがないのだなと…。

(自分は経験や知識ともにまだまだ乏しいですが。)

 

もちろん、あくまで分りかけていることでありますので、

更に1年後の自分、80年後の自分がこの日誌を見て、

その分りかけていることは、

「その通りだ!」

と言ってくれるかどうかは定かではありません。

 

ともあれ、

 

未来の自分があだちファクトリーでいつまでも缶とペットボトルの分別をしていること…

 

もそう!?ですが、

 

この仕事に邁進していること祈って今回の新米eyes日誌を終わりにしたいと思います。

 

あだちファクトリーの夏は今年も…熱いです!

皆様、変わらぬご支援、ご声援の程何卒宜しくお願い申し上げます。

乱分ではございますが失礼致します。

 

 

上田

 

追伸

読み返したら、1年の振り返りになってしまいました。

あだちファクトリー近況報告

こんにちは。

 

スタッフの強瀬です。

 

あだちファクトリーの近況について報告させていただきます。

 

五月に入りここ最近では作業をしていても汗をかいてしまうくらい暑くなってきています。喉もかわくので水分補給をきちんと取りながら作業を行うようにしています。これからもっと暑くなってくるので、今以上に体調管理をしっかり行っていくことを利用者の方にも呼びかけ、自分自身も気をつけて取り組んでいきたいと思っています。

 

現在あだちでは去年の冬ごろから週に一度、利用者の方が主体となってミーティングを行っています。内容としては仕事上の相談はもちろん、個人の相談や悩みについても皆で話し合いを行います。五月に入り作業量が多くなってきているため、今後行う回数は減っていくかとは思いますが、現在までに約20回程度行っています。

初めのうちは利用者の方も自分から意見を述べるということはあまり見られませんでした。何も意見が出ずにしばらく沈黙が続いてしまったり、言葉に詰まってしまったりすることが多かったため、私がミーティングに介入しすぎてしまい私が主体となって仕切ってしまうことがよくありました。

しかしこれはミーティングの本当の在り方なのかと疑問に思い先輩スタッフに相談したところ、主体は利用者の方であって自分たちは話が逸れてしまったり、まとまらなかった時に助言をする役割だということを教わりました。

それ以降ミーティングでは利用者の方に司会、議長を担当してもらい私は一歩下がって皆の話を聞くというスタンスで行うようにしました。すると以前までのミーティングに比べ、利用者の方が積極的に発言をするようになり、また私が司会をやっている時には無かった意見もたくさん出てきました。私自身、無理に意見を求めてしまったり、話をまとめようとするがあまりつい自分ばかり話してしまっていたことに改めて気付かされました。

 

今回の事は自分自身もとても勉強になりました。自分が正しいと思っていた事がかえって利用者の方にとってプレッシャーを与えてしまったり、発言をしづらい空気を作っていたのかもしれません。自分自身反省すると共に今後の支援に生かしていけたらと思います。

 

                                                

2011年 ジョブコーチ!? 新米eyes日誌 Vol.12

上田です。

 

ご無沙汰しております。

まず、昨日の地震で甚大な被害を受けられた多くの方々に、心からのお見舞いを申し上げます。
復旧にはたいへんなるご苦労と想像を絶する痛みもあるかとは思いますが、一日も早い復興を切にお祈り申し上げます。

 

私どもあだちファクトリーは作業中に地震に襲われましたが、スタッフ、利用者全員に怪我もなく無事に避難することが出来ました。

そして3月14日月曜日より作業を開始している状況です。

交通の乱れや停電による混乱はありますが、スタッフ・利用者一同冷静に作業に従事し、地震の影響による大量の不法投棄のゴミも一丸となって処理することができ、徐々に落ち着きを取り戻しつつあります。

以上、手短ではありますがあだちファクトリーの近況報告です。

 

前代未聞の大災害です。

まだまだ不便は続くかとは思いますが、そんな中でも一人一人出来ることをして大きな力に繋げていけたらと思います。

 

上田

2011年 ジョブコーチ!? 新米eyes日誌 Vol.11

こんにちは。

スタッフの強瀬です。

 

先週から新たに2名の利用者の方があだちファクトリーに入り訓練を受けています。

 

早いもので私があだちファクトリーで働くようになってまもなく3ヶ月が経とうとしています。

入った当初はとても寒い時期で毎日が寒さとの戦いでしたが、最近は段々と暖かくなってきており、これからの季節は花粉との戦いになりそうです。

 

本当にあっという間の3ヶ月間でした。初めのうちは仕事を覚えることで精一杯で、とにかく仕事に追われているという感じでした。最近やっと仕事に慣れてきたこともあり、利用者の方一人一人の性格や個性を知るようになり、それを踏まえたうえでどういった支援、またはコミュニケーションを図っていったら良いかという事も考え、行動する事が出来るようになってきました。

 

まだまだ勉強中の身ですが、一日一日を大切に過ごし、自分の個性も大事にしながら精一杯支援していきたいと思います。

2011年 ジョブコーチ!? 新米eyes日誌 Vol.10

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

皆様、どうぞ本年もご指導くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

 

…上田です。

いつも一歩後をいく…上田です。

 

2010年から2011年に変わり、あだちファクトリーにも変化の便りが届きました。

そう、寒いんです!

去年の暮れあたりは何とかなる、何とかなる。で凌いで来ましたが、

2011年は危険です。

防寒対策を万全にして乗り切らねば!

 

そして、そして、何よりの変化は…利用者さんが増えたことです。

8人が定員なんですが、なんと一月末にはその定員となります。

作業状況にも支援員は実際に作業をするというより利用者さんの支援や、

ミスがないかのチェックをしたりと変化が!

先輩スタッフとも「作業所らしくなってきた!」と話してます。

利用者さんが多くなれば、いい意味でバタバタしますが、

その勢いで極寒を乗り越えていきます!

 

ということで、2011年は変化の年!

変化はチャレンジから!

 

あだちファクトリー一同頑張っていきます!

 

寒さ厳しき折りから、くれぐれもお体をご自愛下さい。

 

 

上田

2011ジョブコーチ!? 新米eyes日誌 Vol.9