ウェルズ新木場 ホームに戻る ホームに戻る サイトマップ お問い合わせ

Archives for 2009 12月

フォローアップの会のクリスマス会開催!

12月25日(金)

WEL’S新木場の余暇活動グループ「フォローアップの会」のクリスマス会が行われました。

今回はリニューアルしたちよだプラットフォームスクエアの1階、プラットフォームデリカフェの会場での貸しきりパーティー!

25名の方々が参加しビンゴゲームやプレゼント交換をしました!

会場の様子は、、、

 

まずはおいしい食事(コース料理)と飲み物で話に花を咲かせ、、

さあ、ビンゴゲームの始まり!

IMG_3535

ナンバーを聞き漏らさないように集中!

IMG_3538

 

「リーチ!!」の声が増えてきました!

IMG_3536

 

そして!一発目の「ビンゴ!」で大興奮!

IMG_3544

 

景品は好きなものをどうぞ!

IMG_3559

その後、プレゼント交換!

それぞれが持ち寄ったプレゼントを交換しました!

IMG_3564

最後に、今年の振り返りや、来年の抱負について、何名かの方に語っていただきました!

IMG_3568

 

来年のフォローアップでやってみたいことは、「カラオケ」や「ビジネスマナー」でした。

皆さんの期待にこたえられるよう、企画を考えていきたいと思いますので、

関係者の皆様、応援の程よろしくお願い申し上げます。

 

「フォローアップの会」は働く障害のある人を余暇で支えるグループです。

入会等に関するお問い合わせは、こちらのページよりどうぞ!

担当:橋本

「TOKYO生活日誌4」

【本日の生活日誌】

主なうごき:面接同行、職場定着訪問、就職相談、職場復帰に向けてのご相談などなど

あっという間に、クリスマスです。街はイルミネーション花盛り。

げんばる私たちは、季節感もないままクリスマスです。

昨夜は、正午から夜8時過ぎまでお勤めをしているTさんの支援をしてくれているジョブコーチさんを就業後訪問しました。目的は、今後の支援計画についてと他社の支援スケジュールについての調整です。日中時間がとれず、この時間しか互いに空きがなく、、、。しかし、クリスマスイブに打ち合わせをしているのは、レストランの中でもおそらく私たち女2人だけのようでした。

打ち合わせ、食事も終わり、デザートタイム。

就労支援者の人間観察魂にいつの間にやら点火

ほんのすこっし、ほっと。キャンドル。

ほんのすこっし、ほっと。キャンドル。

いいわけばかり、、だまされてはいけないそこの彼女。離席、、、。正解。

あのカップルはおそらくこのあとこのような行動をするであろう。ビンタ、、、。正解。

なつかしのバブル期ファッションカップル別れ際振り向いて、握手!!・・・・正解。

このカップル別れ際互いに振り向かず涙をぬぐう、、、正解。

ふ~っ。今日のトレーニング終了。

さて、今夜は、法人のたのしいクリスマス会!!メリークリスマス!!!

読者のみなさまにも、メリークリスマス!!

ほりえ

ジングルベ~ル♪ジングルベ~ル♪

12月に入いってから、デパートではクリスマス色の赤・緑・白が目立ちはじめましたね。
この色を見ると心がウキウキしますよね。

WEL’Sも「フォローアップの会」で、クリスマス会をすることにしました。
「フォローアップの会」は、働いている障害のある方の余暇を楽しむ集まりです。
【クリスマス会】

日時:25日(金)18:30~
場所:ちよだプラットフォームスクエア1F
参加費:会員は3,000円、非会員は4,000円
その他:交換用に500円程度のプレゼントを持参
ビンゴ大会やプレゼント交換などをして楽しい一夜すごしましょう。
楽しいぃゾ~

ご興味のある方は、木野村までお問い合わせください。(070-5592-5542)

記:木野村

忘年会に参加してきました

障害者雇用の立ち上げ時よりお世話になっているT社(特例子会社)の忘年会が、

東京・品川で行われ参加させていただきました。

年々盛大になっていて、T社の社員の方々はじめ、本社の社長・社員の方々、ご家族、支援者が大勢参加されていました。

毎年、社長をはじめとする本社の方々がお越しになり、激励される場面を見ると、

会社全体に周知されている関心の高さや文化に、改めて感激します。

 

写真を何枚かとらせていただいたので、UPします。

(事業所様、ご本人の了解を得ております)

 

年々参加人数が増え、会場が大きくなっています。

忘年会の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

立ち上げ時からお世話になっている人事のUさんと、

訓練時から支援をさせていただいているHさん。

Uさんはアイデア豊富でいつもヒントをいただきます。

HさんとUさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

立ち上げ時から、支援以外にもいろいろとお世話になっているTさんと、Hさん。

「親子みたい!?」とおっしゃっていました!

HさんとTさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くじびきで、Hさんは特賞!なんと「Wii」をいただきました!

CA390725

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

T社の皆様、毎年このような素晴らしい会にお招きいただき、

本当にありがとうございます。

 

帰り道、Hさんがシドニーに行ったときのことを話してくれました。

日本とシドニーどっちが好きか聞いたら、「日本」とのこと。

理由は、シドニーは信号が変わるのが早いが、日本はゆっくりだから、

だそうです。

 

事務局兼ジョブコーチ:橋本

「TOKYO生活日誌3」

ちよだのさくら

ちよだのさくら

【本日の生活日誌】

主なうごき:職場内支援(同僚の方へ障害についての理解。PC入力手順確認)障害基礎年金申請手続き事務・就労相談などなど

日誌の更新をしていませんでした。すみません。でも、ずっと現場は動いていました。

「げんばる堀江さんへ」というメールをPスタイルご担当者Hさんより頂きました。現場でがんばる=「げんばる」うれしい響き!!さて、今日までのげんばる報告です。

前回の日誌、アールウッズのはなし。。。息子タイガーの不始末発覚により詳細の掲載取りやめ。(あんまり関係ないですけれど。)・・・集中力をつけるために、タイガーが集中しているときにあえて、グリーンに物を投げ込む、話しかけることをしたというエピソード。以上です。

さて、げんばる堀江は、世の中の厳しさを身をもって体験した週末でした。見かけではわからない、高次脳機能障害や発達障害。わたくしが架け橋になるには、まだまだ努力が足りません。(涙涙)

そんなときに読んだ一冊の本。「違和感のチカラ」

「気づき」について紹介されていました。「全く違う世界で生きている人たちの生態にじかに接することが、生きていく強さ、人間としての幅広さになる」ということが書かれていました。障害者雇用は。異文化コミュニケーションだと考えています。互いを知らないことによって生まれる誤解もあるかもしれません。けれども、障害のある方にとっても受け入れる企業の方にとっても自身の人生を豊かに、そしてそのことが企業の繁栄につながるきっかけであっていただきたい、、あきらめませんと思った次第でアリマス。

ほりえ

新米支援日誌。1

こんにちは。

WEL’Sに入って半年足らずの新人の私の支援の様子を、みなさんと共有したいと思います。

 

アパレル系の会社に就職が決まった、Iさんの実習が先週スタートしました。

初日はとても緊張しておられる様子でしたが、上司の方の人柄の良さに多少ほっとしたようで、ときおり笑顔も見られました。

同時に私も初の正規業務だったので、内心かなり緊張しておりました。

仕事内容は、主に自社のweb online shop siteの運営補助業務です。

初日はまず、他の会社のサイトと自社のサイトを見比べ、商品研究をしました。

普段はネットでお買いものをしたことがないIさん、見るものがどれも新鮮です。

そして支援者の私も、実は一度もネットショッピングを経験したことがないという、、、

やはり今どきまずいのだろうか。。

なので私自身も、いろんなサイトを見てびっくり。近頃の通販サイトはすごいですね!ほんとに店頭で買い物してるみたい。

今まで聞いたことのない呼び名だったり商品が出てきて、Iさんにとっては刺激的なんじゃないかと。

 

今はまだ初歩的な業務だけれど、これからどんなことができるのか楽しみです。

私も支援者目線になりすぎないように、利用者さんと一緒にがんばらせて頂きます。

就業: 藤本